カリキュラムのご紹介2地域研究とメディア研究

地域のスペシャリストに!

経済活動や社会問題がグローバル化する中、文化的・地理的に近い国ぐにを「リージョン=地域生活圏」としてまとめて学ぶことが、世界の今を理解する上ではとても重要です。

 世界共生学部の 「リージョナルスタディーズ」では、世界6地域から複数を選んで学び、世界を「複眼的に捉える力」を身につけます

 1年生のときには、アカデミックスキルズで地域研究の基礎を学びます。  2年生のとき、リージョナルスタディーズで6つのリージョンから3つを選んで勉強。  3年生・4年生のときに、1つの地域にしぼって少人数のゼミナールで専門的に研究します。徹底した地域研究をすることで、自分のフィールドを持って世界を語れる「スペシャリストとしての活躍」が可能になります。

国際メディア情報の扱いにも習熟!

 世界の今を理解するには、的確な情報収集や情報発信も重要です。 世界共生学科独自の「グローバル・メディア科目」では、世界を飛び交う情報を適切に取得し、分析し、そして発信する方法を学びます。

 世界の新聞・テレビの特徴を学ぶ「国際マスメディア」や、インターネットを利用した共生社会の実現を目指す「ネットワーク構築」などの科目が置かれています。